1 目的
このガイドラインは、さいたま市立中尾小学校のインターネット利用における個人情報の保護と配慮事項について定める。

2 個人情報の保護
インターネットを利用する際には、児童(卒業生を含む)並びに教職員(転退職者を含む)の個人情報を保護しなければならない。

(1)   個人情報とは、児童(卒業生を含む)及び教職員(転退職者を含む)が特定できる情報(氏名、住所、電話番号、写真、生年月日など)や、児童(卒業生を含む)及び教職員(転退職者を含む)に関する情報(成績、身体的特徴、健康状態、家庭環境、作品など)を指す。
(2)   インターネットにみだりに個人情報を発信してはならない。
(3)   インターネットに個人情報を公開・発信する場合には、本人及び保護者の同意を得なければならない。
(4)   氏名、写真を公開する必要がある場合は、氏名と写真が一致しないよう公開する。
(5)   本人もしくは保護者から公開・発信内容について削除あるいは訂正を求められた場合は速やかに対応しなければならない。
(6)   電子メールの発信・受信は、指導に当たる教職員が内容について確認する。

3 著作権への配慮

(1)   公開する情報は、著作権法に違反しないものに限る。
(2)   著作物の公開・発信の際には、必ず著作者の許諾をとった上で行う。

4 モラルへの配慮

(1)   営利目的や私的な使用は禁止する。
(2)   教育上有害な情報は、フィルタリングソフトによってアクセスできないようになっているが、問題が発生したときには、速やかにその原因を解明し対処する。
(3)   他人を誹謗・中傷する内容については、速やかに削除し、児童の涵養を図るものとする。